≪災害対応力セミナー2回シリーズ≫

2018年4月10日

第1回 ≪自然災害に備える対応力はなぜ必要なのでしょうか?≫

2018年5月25日(金)午後6時開始

 

“企業の災害対応力”が問われる自然環境の変化は、近年の豪雨による水害や台風に象徴されます。

私共では、この課題をHCIC2級のプレセッションとしてご提供すると共に、より多くの皆様にご参加いただきたく存じます。

HCIC*資格の有無にかかわらずどなたでもご参加いただけるようご準備しております。

災害遭遇時にフリーズする人の比率は全体の70%です。

本講習で「フリーズ」から 「冷静に対応できる力」を 身につけましょう。

 

事業の継続や社員の安全にかかわる「危機管理」「災害に遭遇した時に冷静に対処し、

即応するための災害心理学の基礎」など、通常ではなかなか聞けない、東日本大震災の実態と教訓」を

基にご一緒に考えたいと存じます。

  講演会開催日: 2018年5月25日(金)午後6時~午後8時 

  会    場  :    東洋学園大学本郷キャンパス 1階 階段教室

第1回セミナーパンフレット

災害対応の智慧として、また危機管理対策としてお役立ていただきければ幸いでございます。

本ご案内は先行案内でございますので、お申込み期限を4月25日とさせていただきますので

お早めのお申込みをお待ちいたしております。

≪お申込み方法≫は以下のどちらでもご利用いただけます。

1.メールによるお申込み hcic-ert1@hcric.org

2.ファックスでのお申込み 03-3588-8443

“HCICヘルスケア産業従事者認証3級”に加え、2019年より同2級を開始する予定です。

(参加費 1000円は当日会場でお支払下さい。事前お振込みの必要はありません。)

≪参加者の声から≫

  • 今までの防災訓練とは全く異なり驚いた。
  • これまでの防災訓練では不十分であることを理解できた。
  • 自分の知識不足を感じたので、講演がとても参考になった。
  • 災害が起こると、被災企業は社員に対して責任が問われることを知った。
  • 被災時の心理学を学び、実災害に近い対応力訓練の必要性を感じた。

 

新着ニュース一覧