第2回 災害対応擬似体験と救助訓練トレーニング

2018年4月24日

2018年7月28日(土)午前10時開始

会場:東洋学園大学本郷キャンパス

 

“いつ起こるかもしれない災害への準備”はどこまですればいいのかが次の課題です。

第二回の災害擬似体験と緊急対応トレーニング体験は、いざというときに役立ちます。

「備えていたことしか、役には立たなかった」 「備えていただけでは、十分ではなかった」 と述べられています。

(国土交通省東北地方整備局「災害初動期指揮心得(2013年3月)」より

私共では、これらの課題をより多くの皆様と共有し、解決策の一つとして取り入れていただければと願っています。

第1回セミナーと同様どなたでもご参加いただけるようご準備しております。

本プログラムの特長は、アメリカ市民防災・市民緊急対応チーム(CERT)をモデルに作られた緊急対応チーム(ERT)のトレーニングです。

 

本トレーニング体験を通して、現場で生かせる自然災害対応力を身につけましょう。

具体的なプログラム内容は第2回セミナーパンフレットでご確認下さい。 

第2回セミナーパンフレットfront3 – 第2回 – ai

 

お早めのお申込みをお待ちいたしております。

≪お申込み方法≫は以下のどちらでもご利用いただけます。

1.メールによるお申込み hcic-ert2@hcric.org

2.ファックスでのお申込み 03-3588-8443

        3. Peatix サイトからもお申し込みを受け付けております。

≪参加者の声から≫

  • 今までの防災訓練とは全く異なり驚いた。
  • これまでの防災訓練では不十分であることを理解できた。
  • 自分の知識不足を感じたので、講演がとても参考になった。
  • 災害が起こると、被災企業は社員に対して責任が問われることを知った。
  • 被災時の心理学を学び、実災害に近い対応力訓練の必要性を感じた。

終了後、参加者の皆様の情報交換の場を設けたいと考えております。

体験学習や災害対応についての想いを共有しましょう。

新着ニュース一覧